ブログ

外科医人生に悔いなし。

2019年10月31日。

 

夢にも思っていなかった虎の門病院最終日。

ついにこの日を迎えました。

午前中は歌舞伎町の内視鏡クリニックでスポット勤務。

内視鏡クリニック勤務の長い旅路の最終外勤は新宿歌舞伎町。

聞こえがカッコいいので、あえて最後に選択しました。内視鏡スポット勤務をこの数か月で職場の理解もあり、多くの施設でさせていただきました。

 

そしてあふれてくる想いを胸に午後からホームの虎の門へ。

病棟や外来、手術室ではいつものように平然と時が流れていました。その横で僕は保険証を返却し、ロッカーのカギや机を整理し、段ボールに荷物を詰めて、ふと出てきた昔の写真や昔の色紙を眺めながら、淡々と退職手続きをこなしました。

辞めていく人たちはみな、この作業を経験するんだな、としみじみ思いながら。

少しだけ、涙。

涙が出てくる感情を噛み締め、胸に刻み込みました。

 

手術室では、ナースステーションで挨拶の場をいただき感謝。

尊敬する上司たちにも近況報告できました。

 

 

大学時代に、絶対に虎の門に行きたい!ここで虎の門病院で外科医になりたい!

夢が叶い15年勤務。

田舎から『虎穴に入らずんば、虎児を得ず』の気概で単身上京。

大学の卒業アルバムに、医師になってからの目標として、書いた言葉。

この15年間、素晴らしい上司に恵まれ、熱い同期と優秀な後輩たちに囲まれて、かけがえのない時を過ごすことができました。

そして、数多くの大腸癌、憩室炎の手術を経験し、病を治し、命を救って、大腸外科の深奥を追究することができたと思います。

 

虎の門病院での外科医人生に悔いなし。

 

虎の門病院と下部消化器外科チームへの愛着はとてつもなく強いです。

もしも万が一、開業という選択肢の他に、他の病院で外科をやるか?と誘われてもきっと答えは『No』です。

 

ここで、はじめて、ここで終わりたい。

その夢は実現しました。

外科医として気力、体力の絶頂期に辞めます。強い決意で決めたことです。

だからこそ、後悔はありません。

 

花は、一番奇麗なときに、散るのが美しい。

僕の理想の美学。

今、辞めることを皆に惜しまれますが、僕の真意をどうぞご理解ください。

僕は枯れたくはないのです。ほんの少しでも枯れたくない。

一番美しい時に、散ってしまって、新しい新芽から花を咲かせたい。

次の目的地で満開の桜を咲かすべく。

 

書きたい言葉がどんどん出てきますが、書けばきりがないのでこれにて校了。

 

 

虎の門で働くことができて、幸せでした。

38年間幸せな人生を送ることができました。

大好きな虎の門病院を辞める代償は計り知れません。

その想いの、全精力、全て、をこれからの創業ミッションに熱く注力します!

 

 

※『せたがや内科・消化器クリニック』院長の富沢は、11月から虎の門病院非常勤となり、虎の門病院勤務は水曜日のみとなります。

外科医人生に悔いなし。ブログ
Share on

ご予約・お問い合わせ

現在、受診患者様の増加により、
ご予約が大変取りにくくなっております。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

                   

電話でのお問い合わせ、ご相談はこちら

03-3428-1107
受付時間
月火木金
(9:00 - 11:30 , 14:30 - 17:30)
土・第1,3,5週日曜(9:00 - 11:30)
※日曜日 事前予約制
検 査
12:00 - 15:00(月火木金のみ)
休診日
水曜(院長 / 虎の門病院外来)| 第2,4日曜 | 祝日