内科

内科診療について

急性症状から慢性疾患まで幅広く対応する地域のかかりつけ医です。
『どこの病院に行ったらよいかわからない、何科にかかったらよいかわからない、受診するべきかどうかもわからない』

とにかく困ったらまずは当院へご相談ください。
全身を診る診療をこころがけております。

このような症状はありませんか?

発熱、せき、鼻水、喉の痛み、感冒、扁桃腺炎、食欲不振、頭痛、動悸・息切れ、むくみ、疲れ、だるい、体重減少、めまい、立ちくらみ、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、尿の異常(血尿、頻尿、排尿時痛)、膀胱炎 など。

また、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風、肝硬変、腎疾患、不眠症、禁煙外来、花粉症の減感作療法、各種成人予防接種も行っています。

インフルエンザ

毎年11月下旬から12月上旬頃に流行の兆しが見え始めます。そして翌年の1~3月頃に一気に増加し、4~5月にかけて減少していきます。 インフルエンザウイルスにはA,B,Cの3型があり、流行的な広がりを見せるのはA型とB型です。
一般的なかぜと比べて、発熱・全身倦怠感など症状が強いことが多いのが特徴です。
その多くは自己免疫によって自然治癒しますが、乳幼児や高齢者、妊婦など免疫力が低い方や、喘息や心臓病、腎臓病、糖尿病などの持病をもつ方は二次的な細菌感染症を起こしやすくなり危険が増加するのでワクチン接種を推奨します。
インフルエンザワクチン接種の有効な持続期間は約5ヵ月間とされています。
ワクチンも重要ですが、かからないようにするための予防も大変重要です。
感染経路としては、感染している人のくしゃみや咳(せき)で出るしぶきを吸い込むことによる感染(ひまつ感染)と、感染している人の唾(つば)や鼻みずが手から手へ、あるいはドアノブやつり革などを介して手に付着することなどによる感染(接触感染)があります。
ですので、流行シーズンにマスクを着用すること、人込みを避けること、手洗いをしっかりとすることが重要となります。

高血圧

血圧が高い状態が続くことにより血管に圧力がかかり、その結果、血管自体を傷め、次第に硬くなり動脈硬化へとつながります。
高血圧は、遺伝的要因と高塩分食などの食生活や喫煙・飲酒の過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

糖尿病

人間の活動源であるブドウ糖(血糖)を、何らかの原因により細胞に有効な形で取り込めなくなり、血液中のブドウ糖が増えて過剰になる慢性疾患です。血糖が常に高いと、全身の臓器に悪影響が及び、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性末梢神経障害などを引き起こします。

高脂血症

血液中のコレステロールや中性脂肪が多いために起こる疾患です。
これらの体にとって余剰となる脂質は、動脈壁に張り付いて血管を狭く、硬くして動脈硬化の原因となります。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があります。
善玉コレステロールは余分な脂質を肝臓に戻す働きがあるため、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。
高脂血症の主な原因は食生活や喫煙、飲酒過多、運動不足、遺伝などが考えられています。

痛風

痛風の発症前には血中の尿酸値が高い高尿酸血症が長く続きます。その状態を放置すると、尿酸が関節の中で固まって結晶になるため関節炎を引き起こし、突然、足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて猛烈に痛みます。その痛みは耐えがたく、「痛風」という病名には「風に吹かれただけでも痛い」という意味合いが込められています。また腎臓に溜まって結石ができると背中に痛みが生じ、尿管や膀胱に移行すると、尿路結石となりその部分で炎症を起こし、激痛を生じます。
痛風を起こす人は、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高いことが知られています。これは、痛風には上記の糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が合併しやすく、相乗効果的に動脈硬化が進むためです。放置は禁物で適切な治療が肝心です。

高尿酸血症

内臓脂肪の蓄積によってもたらされる疾患です。
血液検査によって尿酸値が7mg/dL以上確認されると、高尿酸血症と診断されます。この状態が長く続くと、痛風や尿路結石を引き起こしやすくなります。

当院の生活習慣病の治療

まずは薬に頼らない、食事療法・運動療法を実施いたします。
控えるべき食品や、逆に摂取すべき食品の指導を行います。

また、効果的で適切な運動やこころがけてほしい生活習慣について、冊子を使ってわかりやすく、その人のライフスタイルにあわせてご提案します。

他にも、内服薬の使用の目安として、採血、採尿のみならず動脈硬化を検査する頸動脈エコー、脂肪肝を測定する腹部エコーを積極的に活用しております。

禁煙外来

複数種の禁煙補助薬がありますが、その方の持病などによって異なりますので、まずはご相談ください。禁煙治療は12週間が基本で、この間に診察を5回受けていただきます。
治療中、最も大切なことは、医師に相談なく中断しないこと。一人で禁煙するのは難しいですが、過去に禁煙に成功した院長がしっかりとサポートします!
ぜひ、12週間の禁煙治療を最後まで受けましょう。

※ 中断後に再度治療を希望された場合は、初回診察から起算して1年を超えなければ、保険診療は受けられません。

花粉症の減感作療法

アレルギーの元となる物質(アレルゲン)を体の中に入れ、花粉症の治療を行います。少量から徐々に増量していく方法をとります。減感作療法には、注射によるものもありますが、当院では保険適用かつ安全で痛みもない『舌下免疫療法』というアレルギー物質を含んだ液体を舌の下に入れて治療する方法を行っております。
注射による方法と異なり連日通院する必要もなく、欧米では治療の主流となっています。舌下免疫療法は長期の継続的な治療が必要で、まずは2年間ほどこの治療を行い、効果を判定します。

減感作療法(舌下免疫療法)のタイミングは、安全性の観点から、アレルギー反応が強まるシーズンは避けます。スギ花粉であれば、飛散が始まる直前や飛散時期には治療せず、6~12月の間に治療を開始します。

不眠症

不眠症には、「寝付きが悪い:入眠障害」や「寝た気がしない:熟眠障害」や「朝早く目が覚めてしまう:早朝覚醒」、「ちょくちょく目が覚める:中途覚醒」などがあります。
それらの原因を適切に判断し、運動療法や薬物療法など、総合して治療します。

成人予防接種

以下の各種予防接種を行っております。予防接種の在庫は事前にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

予防接種の料金表
  種別 接種回数 初回 1週 2週 3週 4週 5週 6ヶ月 12ヶ月 料金
A型肝炎 不活化 3   ← 2回目 →   3回目   8,000円
B型肝炎 不活化 3       2回目   3回目   8,000円
肺炎球菌 不活化 1               8,500円
風疹 2       2回目       7,000円
麻疹 2       2回目       7,000円
MR(麻疹・風疹) 2       2回目       8,500円
流行性耳下腺炎(おたふく) 2       2回目       6,000円
水痘(水ぼうそう) 2       2回目       7,000円
インフルエンザ 不活化 1               3,800円
破傷風 不活化 3     ← 2回目 →   3回目 4,000円
帯状疱疹 1               7,000円

ご予約・お問い合わせ

                   

電話でのお問い合わせ、ご相談はこちら

03-3428-1107
受付時間
月火木金
(9:00 - 11:30 , 14:30 - 17:30)
土・第1,3,5週日曜(9:00 - 11:30)
検 査
12:00 - 15:00(月火木金のみ)
休診日
水曜(院長 / 虎の門病院外来)| 第2,4日曜 | 祝日