ブログ

開業1年目 腹部超音波(腹部エコー)件数

令和元年12月3日に開業してから1年間の腹部エコーの実績です。

 

内視鏡は予想をはるかに上回る件数(1745件!)でした。

腹部エコーは354件でした。(だいたいの予想通りでした)

 

 

少し一般の方むけに平易に解説すると、、、

 

食道がん、胃がん、大腸がんの発見、診断、治療には胃カメラ、大腸カメラが有効です。

食道、胃、十二指腸あるいは、大腸など消化管の中にCCDカメラ(内視鏡)を挿入し、内視鏡施行医が目で見て病変を診断し、組織検査を施行したり、病変を切除します。

 

腹部超音波(腹部エコー)はカメラ(内視鏡)でカバーすることのできない臓器、

言い換えますと直接見ることができない臓器、

つまり、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、前立腺等の評価を体表から、超音波を当てて精査します。

 

肝機能が検診でひっかかった、胆嚢にポリープを指摘された、などの方は腹部エコー検査が簡便で平易な検査となります。

 

※より精密検査が必要な場合は、CTやMRIを施行します。

 

開業2年目はスタッフの協力とともに腹部エコーも頑張ります!

 

当院では、胃カメラ、大腸カメラに加えて、腹部エコーも積極的に施行しております。

 

ブログ
Share on

ご予約・お問い合わせ

現在、受診患者様の増加により、
ご予約が大変取りにくくなっております。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

                   

電話でのお問い合わせ、ご相談はこちら

03-3428-1107
受付時間
月火木金
(9:00 - 11:30 , 14:30 - 17:30)
土・第1,3,5週日曜(9:00 - 11:30)
※日曜日 事前予約制
検 査
12:00 - 15:00(月火木金のみ)
休診日
水曜(院長 / 虎の門病院外来)| 第2,4日曜 | 祝日