ブログ

桜新町 きさらぎ亭

一般に勤務医が開業する時には、近隣の開業医Dr、その地区の医療機関へ開業の挨拶、連携のご依頼に行きます(挨拶まわり)。

ですが、僕は、初対面の方は、会いたい人から順番に会って、と決めていました。それは職種に関係なく。

一番最初の開業の挨拶、ご報告の相手は、病院でもクリニックや訪問看護ステーションやケアハウスや薬局でもありません。医療機関ではありません。

 

 

まず最初に選んだ先は、『きさらぎ亭』。

 

今までは、客として通っていましたが、初めて営業も兼ねて、開業医の挨拶という違った立場でお店の、のれんをくぐりました。

 

聖地、桜新町1丁目の定食屋『きさらぎ亭』。

僕が桜新町1丁目で『ワクワク』しながら働ける理由の一つが、ここにあります。

 

10月2日に、店長に挨拶、ご報告に行きました。それまでに何度も足を運んでいますが、お話しするのは初めて。快く会話をしてくださいました。とてもとても良い店長です。

1000円以下で食べることのできる、極上のランチ。僕にとっては、どんな高級のランチコースよりも貴重な価値があります。『きさらぎ亭』で食べたことは子供の頃も、学生時代も全くないのに、なぜか故郷を思い出す、できたての湯気に包まれた美しい盛り付けと、懐かしい味。

 

最初に訪れたのは2019年2月下旬。決して広くはなく、年季の入った店内、いびつなカウンター。

ですが、入店するとすぐに、明るい声で『いらっしゃいませ』。店長含め合計3人の従業員。皆さん、常に、お客さんをみて(前をみて)、効率的にテキパキとそれぞれの役割をこなして行動しています。少し高めのカウンターで、椅子も決して座りごごちが良いとはいえません。

しかしです。座った瞬間、なぜか肩の力が抜けました。店内の雰囲気が、安心して、『ホッとする』感覚なのです。流れている曲の選択がおしゃれだからでしょうか、店内は小奇麗という言葉がとてもよく似合う、整然として手入れが行き届いている空間だからでしょうか。ここにいる満員のお客さんすべてが、この小さい定食屋のファン。出てくる料理が絶対に美味しいと知っていることも理由の一つなのでしょう。

湯気の立った料理が運ばれ、初対面するとき(漫画みたいにとても奇麗な湯気なのです、これは定食のオーラだと、勝手に解釈して納得しました)、感嘆の声を上げたり、それが表情に表出されたり、各卓上から、その感動が伝わってきました。

初めてのこの日は、ミックスフライ定食をオーダー。

揚がりたてのタイミング直前に、超大盛りご飯。具だくさんで、実家の味と同じ味噌汁。ボリューム満点のフライとサラダ。さらにみかん付き。

一口、白米を口に運んだ時、

涙が出そうになりました、いや、自然に出ました。美味しい料理と、ここにいる時間の両方を噛みしめました。

美味しいものを食べるために、人は生きている。美味しいものを食べると、みなさんのテンションは上がりますよね?メンタルは良くなりますよね?もしかすると、美味しいものは人間にとって一番の心の薬かもしれない、なんてことが脳裏をよぎりました。きさらぎ亭デビューのこの日は鮮烈な印象となりました。

 

この写真は、ある日に注文した、至極のさばの味噌に定食です。これぞザ・和食。日本人で良かった。早めにサーブされます。時間のないときにおすすめです。

 

 

その後も、何度か通っていましたが、ある日、突然、テレビを見ていると、まさかぁぁ!!

偶然見ていたフジテレビの『セブンルール』で『きさらぎ亭』が特集(2019年5月14日放送)。

 

店主の境遇、ご両親のこと、ご家族のこと、クラウドファンディングで立て直した経緯、その想い。映像で記録されていたことの、すべてに共感しました。セブンルールの主題歌を聞くときさらぎ亭を想起するし、きさらぎ亭に来るとこの主題歌が頭の中に流れてきます。

 

今も僕は通い続けているし、これからも通い続けます。

注文を決めて、カウンターに座って、食券を渡して、まず漬物がでて、メインのタイミングの直前にご飯と味噌汁がでてきて、そして大皿が登場。すべて、美しい湯気(定食の放つオーラ)とともに、できたてで提供される、極上の逸品。美しすぎる全体のバランス美。僕にとって、和食の最高峰は、なだ万でもなく、吉兆でもなく、すきやばし次郎でもなく、ほかのどんな高級料理店でもなく、間違いなく、このちいさなお店の定食なのです。

店主の境遇を知ったからこそ、この定食たちの背景に僕はストーリーと、感謝の気持ちを感じて、共感して、涙して、美味しくいただくことができる。美味しいものを美味しく食べるために私たちは生きているといっても過言ではないことに気がつかせてくれるお店。

桜新町1丁目には、自分が日本人で良かったと気づかせてくれる、本物の定食屋さんがあります。

好きな食べ物は何ですか?と聞かれたら、僕は迷うことなく『きさらぎ亭の定食です』と自信を持って答えるでしょう。

 

世田谷区、桜新町・用賀の『せたがや内科・消化器クリニック』は世田谷区の胃がん検診、大腸がん検診、ピロリ菌の積極的な除菌治療を行っています。美味しく食べるために定期的な胃カメラ・大腸カメラを!

 

桜新町・用賀のタウン情報ブログ
Share on

ご予約・お問い合わせ

                   

電話でのお問い合わせ、ご相談はこちら

03-3428-1107
受付時間
月火木金
(9:00 - 11:30 , 14:30 - 17:30)
土・第1,3,5週日曜(9:00 - 11:30)
※日曜日 予約制
検 査
12:00 - 15:00(月火木金のみ)
休診日
水曜(院長 / 虎の門病院外来)| 第2,4日曜 | 祝日