ブログ

ピロリ菌ってなに?

健康志向が高まる現代、みなさんもきっとどこかで『ピロリ菌』という言葉を聞いたことがあるかと思います。聞いたことのない方も大丈夫です。

 

今回はピロリ菌について、一般の方を対象にわかりやすく、要点をかみ砕いてご説明します。

 

単刀直入に、ピロリ菌は胃癌の原因となる細菌と考えていただいてよいです。厳密には萎縮性変化(胃の老化)を引き起こし、ひいては癌化に至ります。

 

正式名称はヘリコバクター・ピロリ。1979年に発見され、発見者は2005年のノーベル医学生理学賞を受賞しています。比較的、近年ですね。

通常、胃の中は強い酸性で従来、細菌存在しない、と考えられていましたが、ピロリ菌は胃酸を中和することによって胃の中に寄生し、胃の炎症を起こします。

感染経路は幼少時の感染が多く、諸説ありますが、井戸水や親からの口移し感染(経口感染)と考えられています。そしてこの感染は主に幼少期に成立し、大人になると非常に感染しにくいとされています。

本邦では4人に1人が感染していると統計的に分析されていますが、上下水道の発達により、近年感染率は減少傾向にあります。特に若年者の減少傾向が著しいです。

ピロリ菌感染は、胃癌のみならず、胃炎(萎縮性胃炎)、胃・十二指腸潰瘍、胃リンパ腫(MALTリンパ腫)、特発性血小板減少症(ITP)、機能性ディスペプジア(FD)などの原因と考えられています。

 

・検査の方法→

胃カメラでの肉眼所見で感染しているかどうかがわかります。他に尿素呼気試験(吐いた息を調べる検査)、採血、尿検査、便検査、生検検査(胃の組織を一部とって調べる)などがあります。

 

・ピロリ菌感染といわれたら→

必ず、除菌しましょう!必ずしも、皆が胃癌となることはありませんが、確実に胃癌の予防となります。未感染者に比べて感染者の胃癌リスクは約20倍とする報告もあります。

 

・除菌の方法→

抗生物質と胃薬を組み合わせた3種類のお薬を1週間連続して内服します。

薬自体がシート状になっていますので飲みやすいです。一次除菌率は約70-80%とされています。

 

・ピロリ菌感染の既往のある人

→必ず定期的な胃カメラを受けましょう。

 

・胃カメラを受けたことのない人

→必ず受けましょう!そして施行医にピロリ菌の有無を確認してください。

 

・楽な胃カメラをご希望の方

→当院はご希望の方は、麻酔(沈静)を使用し施行しています。また、経鼻内視鏡(鼻から入れるカメラ)ももちろん対応しています。

 

・おなかの不調

→つらくない胃カメラをご希望の方は当院までお気軽にご相談ください。

 

『せたがや内科・消化器クリニック』では専門医による世田谷区胃癌検診を行います!

病気についてブログ
Share on

ご予約・お問い合わせ

現在、受診患者様の増加により、
ご予約が大変取りにくくなっております。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

                   

電話でのお問い合わせ、ご相談はこちら

03-3428-1107
受付時間
月火木金
(9:00 - 11:30 , 14:30 - 17:30)
土・第1,3,5週日曜(9:00 - 11:30)
※日曜日 事前予約制
検 査
12:00 - 15:00(月火木金のみ)
休診日
水曜(院長 / 虎の門病院外来)| 第2,4日曜 | 祝日