ブログ

8、マクドナルド④

とにかく働きました。マックに注ぎ込める時間があれば、喜んで全力投球するようにしました。お盆も、ゴールデンウィークもクリスマスも、大晦日も、元旦・正月も、20歳の成人式の日も毎年働きました。祝日や連休は、大学はもちろん休みでしたし、空手の稽古も休みなので、ここぞとばかりに働きました。

AJCCに出場して全国レベルを経験したこともあり、そこから得たものを発揮したい、自店舗に還元したい、という熱い想いもあったのかもしれません。

勤務最終年の2002年はマックがオフィシャルスポンサーの日韓サッカーワールドカップの年でした。期間中は制服もワールドカップ仕様になり、まさに総力を挙げてのお祭りのようなプロモーション活動が行われました。伝説の一戦、アルゼンチンVSイングランドが札幌ドームで行われた、あの年の6月の札幌の街の雰囲気やお店の大混雑が懐かしい。

さて、大学4年の後半くらいになると、本職である医師への準備に本腰を入れ始めなくてはなりません。大学病院での臨床実習や研修先の就職活動が本格化してきます。継続的に勤務することが困難になり、大学5年生になる前に卒店を決心しました。

マネージャーになり、お店も任せてもらい、北海道チャンピオンとなった思い出。熱い友情で何度も朝まで飲みに行き、忙しい時も励ましあい、働いた本当に信頼できる戦友。色々なことを教えてくれ、任せてくれた優秀な社員さんたち。『トップマネジメントとは何か』を体現して教えてくれた大きな器(うつわ)の店長。それらを手放さなければならないこと(戦友たちとは今でもつながっています)。築き上げてきたものはあまりに大きく、後ろ髪が強く惹かれる思いでした。

しかし卒店が近づいていくうちに、指導してきた後輩たちが『あとは僕たちが富沢さんのマック魂を引き継ぎます』、と口々にいってくれていたことに大きな達成感と安堵感を感じ、潔く退く(しりぞく)気持ちの区切りがつきました。僕は後輩に分身をつくることができたし、僕がいなくとも僕の魂をバトンタッチした☆さんや、僕の分身たちがいてくれる。ゴミ出しクルーからはじまり、マネージャーになり、人材育成までを経験させていただいたマクドナルドに生涯、深謝します。

 

今でもマックによく行くのですが、行くたびにその店のマネージャーの立ち位置を確認し、カウンターの接客、厨房のクオリティ、店舗のクレンリネス(清潔)等もついつい確認してしまう自分がいます。一生涯の宝となった職業病と思っています。

物語は『マクドナルドの次は』に続きます

『せたがや内科・消化器クリニック』院長は医療×ホスピタリティを追求します!

自己紹介マクドナルドブログ
Share on

ご予約・お問い合わせ

現在、受診患者様の増加により、
ご予約が大変取りにくくなっております。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

                   

電話でのお問い合わせ、ご相談はこちら

03-3428-1107
受付時間
月火木金
(9:00 - 11:30 , 14:30 - 17:30)
土・第1,3,5週日曜(9:00 - 11:30)
※日曜日 事前予約制
検 査
12:00 - 15:00(月火木金のみ)
休診日
水曜(院長 / 虎の門病院外来)| 第2,4日曜 | 祝日